芸能事務所に就職するとどんな仕事をするのかまとめ

マネージャー以外にも仕事がある

入社するまでの流れ

運転免許証は必須

定期的に芸能事務所では、社員の採用試験を行っています。
採用試験に合格することで芸能事務所で働けるので、目指している人は積極的に挑戦してください。
ほとんどの芸能事務所では、芸能人の送迎ができるように運転免許証を持っていることを最低条件にしています。

他の資格は特に必須ではありませんが、海外のタレントが多い事務所では英語検定を取得していたり、スケジュール作成や電話対応など事務仕事がメインになる場合は、秘書検定を持っていたりするとアピールポイントになります。
面接の際に資格があることを伝え、自分には能力があるとわかってもらうアピールをしましょう。
言葉で説明しても信用してもらえないので、資格のような目に見える証拠が必要です。

社会人として当たり前の常識やマナー

どの会社でも同じことが言えますが、誰に対しても礼儀正しく接することができたり、一般常識を持っていたりする人が芸能事務所でも採用されやすいです。
今まで自分が知っていたことは間違ったマナーや常識かもしれないので、採用試験を受ける前に一通り確認しておきましょう。
自分の態度が悪いと、事務所全体のイメージが低下します。

その事務所に所属するタレントまで態度が悪いと判断されたり、トラブルの原因になったりすると思われるので気を付けてください。
テレビや雑誌でも、そこの事務所に所属するタレントの起用は控えようという動きになってしまいます。
自分の態度1つで、事務所に所属する全員のイメージが悪くなったり良くなったりすると忘れないでください。
常に丁寧に、笑顔で接することがコツです。


この記事をシェアする